フィリピン人の今の妻とつきあいはじめた当初、最大の悩みだったのは言葉がお互いに通じなかったことです。
そもそも、そんな状態で付き合うことになったのは、チャレンジャーだったなんて今となれば思いますが、男と女なんてそんなもんですよね。

ちょっとだけカッコよく言ってみたけど、、、僕には恋愛経験がたくさんあるわけではありません(笑)

言葉が通じないことには付き合っても面白くないと思うかもしれないけど、僕には新鮮でとても楽しかったんですよね。
彼女にとってもきっと同じ気持ちだったと僕は勝手に信じています。

とはいえ、もっとお互いを深く知ろうと思ったら会話は必要不可欠です。
僕は日本語をもちろん話せますが、英語は単語が少しとみんなが知っている「I love you」とか「Good morning」「Thank you」くらいしか話すことができない状態でしたし、反対にアンジェリンは英語はペラペラだけど、日本語は単語ですらあやしい状態でした。

ということは、やはりどちらかが歩み寄るしかないんですよね。
僕らの場合は、ここが日本だということもあり、アンジェリンにもっと日本語を勉強してもらうことにしました。
もちろん日本語の先生は僕です。

早速僕はアンジェリンに対して日本語を覚えてもらうために毎日紙に書いたりしながら日本語の先生をしました。

ですが、、、
1週間後くらいに僕は悟りました。
「こんなペースで日本語を教えても習得するまでには最低5年はかかる」
って、、、

今の奥さんに対してこんなことは言いたくないけど、とにかく集中力がないんです!
5歳くらいの子供に教えているような感覚でした。
すぐにお腹が減っただの、喉が渇いたとか、Lineで家族と電話したりしやがるんです!

おかげさまでお腹がすいたとか喉が渇いたとかの日本語は早い段階で覚えてもらうことができましたが、、、(笑)

僕はすぐにアンジェリンに日本語を習得させることをあきらめて今度は僕が英語の勉強をすることにしました。
はじめはオンライン英会話で英語を習得しようと思いましたが、スカイプやパソコンが必要ですし受講料もかかると思ったからやはり、アンジェリンに英語を学ぶことにしました。
今ならおそらくスマホでもオンライン英会話で英語を学ぶことが可能なのでしょうが当時はろくに調べもせずに彼女に英語の先生をお願いしました。

それから、僕の英語の勉強がはじまったわけです。

ですが、、、ちょっと言いづらいけど、僕はすぐに英語を習得することをあきらめました。

その理由はやはり、アンジェリンです。
教わる方から教える立場に変わっても、あいつはすぐにお腹がすいただの喉が渇いただの言いやがるんです(笑)
そして、なぜかちょっと僕が質問をするだけで、キレやがるんですよね。
しかも、英語でも日本語でもなくタガログ語で!
何言ってるのかサッパリ分かりません、、、
怒ってるのだけは分かるのですが、、、(笑)

もう僕はあきらめて反対にアンジェリンの国、フィリピンの言葉であるタガログ語を学ぶことにしました。

そんな経緯があったから僕はタガログ語を学ぶことにしたんです!